社内イベント「PP」

2017.11.16 Thursday
0

    皆様こんにちは。
    毎日昼休みの半分を卓球に使っているHです。


    早速ですが、先日イベント委員主催のパプリカパーティー(PP)が開催されました。

    お客様から頂いた「上質なパプリカをふんだんに使った食事会」ということで

    カレーや肉詰めパプリカ、生野菜としておいしく頂きました。

    パプリカを下さったお客様に感謝です。ありがとうございます!

     

    そして何より社員の料理好きという意外な一面が知れた事や

    みんなでわいわい楽しく過ごせたことが最高の思い出になりました!

     


    ところで、「短期間で退職した従業員」の

    本当の退職理由について考えたことはありますか?


    ハローワークの調査によると、

    労働条件が求人票の内容と違った。
    上司や先輩からのパワハラ・セクハラがあった。

    上記の2点がほとんどを占めるようです。

     

    さらにコメントを見てみると、
    「求人票に記載されている仕事内容と実際の仕事が違っていた」
    「仕事を教えてもらえなった。声掛けがない」

    「希薄な人間関係、孤独感を感じた」

     

    このように、「募集内容と実際のギャップ」や「コミュニケーション不足」が

    原因で退職している人がたくさんいるということがわかります。

     

    退職理由の大部分を占める「コミュニケーション不足」を解決するためにも

    今回紹介したパプリカパーティーのようなイベントは大切だと感じました。

     

    今後もイベント委員の企画には目が離せません!

     

     

    --------------------------------------------------------------

    労務管理を通じて会社の発展・従業員満足の向上をお手伝いします
    「社会保険労務士法人ホームラン」 

    「社会保険労務士法人ホームランのFacebook」


    助成金を活用して労務環境の向上をお手伝いします
    「さっぽろ助成金センター」

     

    選択制401Kの導入で社会保険料の適正化をお手伝いします

    「選択制401K導入支援センター」


    人材紹介を通して優秀な人財・働きやすい会社との出会いを演出します
    「いい会社紹介」

     

    青色開業キャンペーン実施中!

    「税理士法人あかり会計」

     

    会社設立・相続・遺言・日本政策金融公庫の融資申請・農業補助金のことなら

    「あかり行政書士法人」

    労務管理|-|trackbacks(0)|-|by 社会保険労務士法人ホームラン

    11月

    2017.11.02 Thursday
    0

      皆様、こんにちは。

      今年も残り2か月。早い物ですね。

       

      先日、障害者雇用促進法に関するセミナーに参加して参りました。

       

      平成30年4月より、障害者の法定雇用率が2.2%に上がります。

      これにより、45.5人以上の企業が障害者を雇用する義務を負います。

      (45.5人に1人なので、規模が大きくなればそれに応じて

       雇用義務のある人数は増えていきます。)

       

      雇用義務を満たせない場合、納付金(1人につき5万円/月)を納めなければなりません。

      反面、雇用義務を満たし、その他の条件を満たせば、国から補助がもらえます。

       

       

      もし、すでに45.5人以上50人未満の従業員がいらっしゃる企業様で

      来年4月以降の障害者雇用をどのように進めていくべきかを

      悩まれている企業様がいらっしゃいましたら、ぜひ一度ご相談ください。

       

      初回の相談(60分)は無料です。

       

      [余談]

      雪がちらつく日もあり、寒いですね。

      風邪などお気を付けください。

      -----------------------------------------------------------------------------

      労務管理を通じて会社の発展・従業員満足の向上をお手伝いします
      「社会保険労務士法人ホームラン」 

      「社会保険労務士法人ホームランのFacebook」


      助成金を活用して労務環境の向上をお手伝いします
      「さっぽろ助成金センター」

       

      選択制401Kの導入で社会保険料の適正化をお手伝いします

      「選択制401K導入支援センター」


      人材紹介を通して優秀な人財・働きやすい会社との出会いを演出します
      「いい会社紹介」

       

      青色開業キャンペーン実施中!

      「税理士法人あかり会計」

       

      会社設立・相続・遺言・日本政策金融公庫の融資申請・農業補助金のことなら

      「あかり行政書士法人」

      労務管理|-|trackbacks(0)|-|by 社会保険労務士法人ホームラン

      秋〜今年も最低賃金が上がります〜

      2017.08.30 Wednesday
      0

        こんにちは。

        秋の風が吹き始めましたね。

         

        食欲の秋。

        スポーツの秋。

        読書の秋。

         

        あなたの秋は、どんな秋ですか?

         

         

        私たちは職業柄、最低賃金を思い出します。

        今年ももちろん上がります。

         

        まさかの24円UPで 810円です!

        (10月1日から変更の予定)

         

        すごい上げ幅ですね。

        労働者側からしたら、大変うれしいお話なのですが、経営者の方には耳の痛い話ですね。

         

        ちなみに、現在、時間単価809円以下で働かれている方については

        契約の見直しが必要になります。

         

        契約内容(特に賃金について)の見直し方も、社会保険労務士法人ホームランにご相談いただければ

        御社に最適な契約内容の見直し方、最適な賃金体系の構築などをご提案をさせて頂きます。

         

        お気軽にご相談ください。

        電話:011-211-5550

         

        ・・・後記・・・

        社会保険労務士法人化して、3か月が経ちました。

        法人化前から覚悟はしていましたが、会う人会う人に言われます。

         

        「なんで「ホームラン」なの?」

         

        代表社員の阿部なりに深〜〜〜〜〜い考えがあって付けた名前なんです。

         

        が、書くと長いので、阿部と会う機会がございましたら、その際にでも

        お尋ねいただければと思います。

         

        もちろん、私ども職員に尋ねて頂きましても、お答えさせて頂きます。

         

        ホームページからもご確認いただけます。→homerun.or.jp

         

        今後とも、社会保険労務士法人ホームランを宜しくお願い致します。

        -----------------------------------------------------------------------------

        労務管理を通じて会社の発展・従業員満足の向上をお手伝いします
        「社会保険労務士法人ホームラン」 

        「社会保険労務士法人ホームランのFacebook」


        助成金を活用して労務環境の向上をお手伝いします
        「さっぽろ助成金センター」

         

        選択制401Kの導入で社会保険料の適正化をお手伝いします

        「選択制401K導入支援センター」


        人材紹介を通して優秀な人財・働きやすい会社との出会いを演出します
        「いい会社紹介」

         

        青色開業キャンペーン実施中!

        「税理士法人あかり会計」

         

        会社設立・相続・遺言・日本政策金融公庫の融資申請・農業補助金のことなら

        「あかり行政書士法人」

         

        労務管理|-|trackbacks(0)|-|by 社会保険労務士法人ホームラン

        固定残業代をめぐって。

        2017.01.03 Tuesday
        0

          みなさま

           

          新年明けましておめでとうございます。

          今年もABE社労士事務所をどうぞよろしくお願いいたします。

           

          さて、昨年末にこんなパンフレットを見つけました。

           

          厚生労働省パンフレット「固定残業代を賃金に含める場合は、適切な表示をお願いします。」

          http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000146838.pdf

           

          「実際に就職してみたところ、

          ハローワークで掲載されていた求人票の内容と労働条件が違う」

          といった苦情がハローワークや労働基準監督署へ

          近年多く寄せられている、というお話は前々からございました。

           

          今回出たパンフレットでは、特に固定残業代を賃金に含める場合の

          トラブルについてアラートが出されたようです。

          確かに、基本給を高く見せようと、「月給○○万円!」と

          求人に打ち出したものの、いざ雇用契約書を結ぶ場面になって

          「(基本給の内、○○万円を固定残業代とする。)」なんて

          小さく書かれていたら、労働者は不信に思いますよね。

          せっかく、この会社で頑張ろうと思って就職したのに、

          最初から会社への不満が残ってしまったら、

          愛社精神など育まれるわけがありません。

           

          じゃあ、固定残業代なんてやめればいい、という発想になっても

          おかしくないのですが、会社にとっては

          固定残業代の導入には様々なメリットがあります。

           

          例えば、

           〃遏垢凌遊鑒颪了暫覆付きやすくなる。

          ◆〇務処理がラクになる。

           従業員に時間意識を持たせ、仕事の能率を上げる。

           

          しかし、固定残業代は適正に労務管理を行っていない場合には、

          裁判になった際に、それ自体が否認されるケースも多く見受けられます。

           

          では、どのように導入するべきでしょうか?

          具体的には、以下の注意点がございます。

          • 出退勤の記録や計算をキチンと(実態で)管理しているか。
          • 基本給、固定残業代の金額に妥当性があるか。
          • 固定残業時間を36協定で定めた残業時間の範囲内に収めているか。
          • 予め、労働契約書、就業規則等に計算方法がきちんと明示されており、かつ労働者に十分な説明がなされれているか。
          • 固定残業代の金額を超えた残業分は、別途支給しているか。

          最低でも、上記の条件はクリアしていないといけません。

           

          会社の発展のためには、労働者との無駄なトラブルは避けたいものです。

          適正な労務管理を行えば、助成金も受給しやすくなります。

          労務管理でご不安・お悩みごとがありましたら、

          ABE社労士事務所までお気軽にご相談下さい♪

           

           

          障害年金申請サポートによる生活安定のお手伝いをします
          「北海道障害年金相談センター」
           

          労務管理を通じて会社の発展・従業員満足の向上をお手伝いします
          「ABE社労士事務所」 

          助成金を活用して労務環境の向上をお手伝いします
          「さっぽろ助成金センター」

           

          選択制401Kの導入で社会保険料・税金の節約をお手伝いします

          「選択制401K導入支援センター」


          人材紹介を通して優秀な人財・働きやすい会社との出会いを演出します
          「いい会社紹介」

           

          効果的な求人広告で優秀な人材との出会いを創出!

          「いい求人.com」

          労務管理|-|trackbacks(0)|-|by 社会保険労務士法人ホームラン

          過重労働解消キャンペーン中

          2016.11.07 Monday
          0

            みなさま。おはようございます。

             

            前回の投稿より半年ほど経過してしまいました。

            意味ある言葉を話し始めたばかりだった子ども4号が、

            「〇〇、ば〜か」と毒をはけるまで成長した今日この頃、

            いかがお過ごしでしたでしょうか。

             

            さてさて。

             

            11月は「過重労働解消キャンペーン」が実施されていることを

            ご存知でしょうか。

             

            労働基準監督署による重点監督が実施されますが、

            監督の対象となる事業場等は、

            1)長時間にわたる過重な労働による過労死等に係る労災請求が行われた事業場等

            2)労働基準監督署及びハローワークに寄せられた相談等を端緒に、

              離職率が極端に高いなど、若者の「使い捨て」が疑われる企業等

            となるそうですが、

            11/6には「過重労働解消相談ダイヤル(無料)」が実施されましたので、

            そこに寄せられた相談からチョイスされる可能性もありますね。

             

            また、重点的に確認する事項ですが、

            1)時間外・休日労働が36協定の範囲内であるかどうかの確認。

            2)賃金不払い残業がないかについて確認。

            3)労働時間管理が適切に行われているかの確認。

            4)長時間労働者については、医師による面接指導等、健康確保措置が講じられているかどうか。

            以上の確認が行われ、

            法違反が認められた場合は、是正指導が行われますが、

            重大または悪質な法令違反が確認された場合は、送検し、公表するとのことです。

             

            相談に見えられた企業様の労務管理の状況について

            お話を聞かせていただくと、

            「故意」ではなく、「知らなかった」ため、

            法令違反となっているケースが多くみられます。

             

            最近は法改正が頻繁に行われ、

            指針も公表されているのですが、

            その都度、確認は行われていますでしょうか。

             

            「知らなかった」では、

            すまされないこともありますので、

            一度、社内の規程や運用状況が、

            法令違反となっていないかどうか、確認してみてくださいね。

             

             

             

            障害年金申請サポートによる生活安定のお手伝いをします
            「北海道障害年金相談センター」
             

            労務管理を通じて会社の発展・従業員満足の向上をお手伝いします
            「ABE社労士事務所」 

            助成金を活用して労務環境の向上をお手伝いします
            「さっぽろ助成金センター」

             

            選択制401Kの導入で社会保険料・税金の節約をお手伝いします

            「選択制401K導入支援センター」


            人材紹介を通して優秀な人財・働きやすい会社との出会いを演出します
            「いい会社紹介」

             

            効果的な求人広告で優秀な人材との出会いを創出!

            「いい求人.com」

            労務管理|-|trackbacks(0)|-|by 社会保険労務士法人ホームラン

            採用前から準備が大事

            2016.10.21 Friday
            0

              皆さまこんにちは

              今週は野球の日本シリーズが始まるので週末が楽しみな野球好き担当Kです。
              先日のドラフト会議でも将来活躍してくれそう選手が多く入ったので楽しみです。


              この時期になると、ファイターズはドラフト戦略や育成方針が一貫している。

              という記事をよく目にします。
              球団はどのような選手が必要か、どのように選手を育てるか、

              強い球団であり続けていくためにかなり綿密に考えられた計画があるのだと思います。

               

              球団ではないですが、これから開業を考えていたり規模拡大にあわせて従業員を

              募集しようとお考えの事業主の皆様は、このように採用をお考えでしょうか。

              ただ募集、採用をするのではなく、自分の会社にはどのような人が合うのか調べて

              面接をしたり、採用した後に活用できる助成金を検討しておくのも大切だと思います。

               

              詳しくはABE社労士事務所まで。


              初めてのお客様は初回無料相談を行っておりますので、
              お気軽に、お問い合わせください。

               

              障害年金申請サポートによる生活安定のお手伝いをします
              「北海道障害年金相談センター」
               

              労務管理を通じて会社の発展・従業員満足の向上をお手伝いします
              「ABE社労士事務所」 

              助成金を活用して労務環境の向上をお手伝いします
              「さっぽろ助成金センター」

               

              選択制401Kの導入で社会保険料・税金の節約をお手伝いします

              「選択制401K導入支援センター」


              人材紹介を通して優秀な人財・働きやすい会社との出会いを演出します
              「いい会社紹介」

               

              効果的な求人広告で優秀な人材との出会いを創出!

              「いい求人.com」

               

              労務管理|-|trackbacks(0)|-|by 社会保険労務士法人ホームラン

              外国人労働者の雇用管理は万全ですか?

              2016.10.04 Tuesday
              0

                 

                お気づきでしたでしょうか。

                 

                2016年があと3ヶ月も無いということを・・・

                 

                年の初めに目標を立てることを英語で

                 

                New Year's Resolutionsと言います。

                 

                私のそれは、ここへ来ていまだ何一つResoluteしていない惨状です。

                 

                 

                さて、そんな中(そんな中?)、

                 

                最近は「人材不足」でお悩みのご相談をよくいただきます。

                 

                「求人を出しても応募が無い」「定着しない」など様々です。

                 

                また、海外からのインバウンドが増加したこともあり、

                 

                特に飲食店や接客販売、観光業では、外国人雇用が進んでいますね。

                 

                給与明細にカタカナや英語が増え、時代の変遷を感じる今日この頃です。

                 

                中には16文字という当事務所のシステムの制限を超える長~いお名前の方も現れ、

                 

                戸惑う顛末・・・。

                 

                それはさておき、現在日本における外国人労働者はおよそ90万人、過去最高となっております。

                 

                グローバルな時代になりましたね。

                 

                日本人よりもまじめで安価な労働力・・・なんて話も耳にしますが、

                 

                外国人を雇用する際には、注意点いくつかあります。

                 

                まず、外国人労働者を雇用している事業主のみなさま、在留資格(ビザ)は確認していますか!?

                 

                在留資格が無いのにも関わらず、就労させていると大変なことになります。

                 

                現在、学生アルバイトを含め、外国人を雇用している場合は、必ず「在留カード」を提示してもらい、

                 

                (在留者には、常時携帯義務があります。)

                 

                在留期間は有効か、就労制限があるか、資格外活動の許可はあるか、等をご確認下さい。

                 

                 

                ちなみに学生ビザで日本へ来ている外国人留学生は、

                 

                週28時間までしか就労できませんので、ご注意下さい。

                 

                人手が足りないからといって、「本人が働きたいから」といって、

                 

                いっぱい働いてもらうことはできません。

                 

                 

                次に、「外国人雇用状況届出」をハローワークに提出することもお忘れなく・・・

                 

                事業主には、雇用保険に加入しない短時間のアルバイトも含めて、

                 

                外国人労働者の氏名、在留資格、在留期間を届出する義務がございます。

                 

                雇用開始日の翌月10日までが期限ですので、ご留意下さい。

                 

                ちなみに、届出を怠ったり、虚偽の届出をすると30万円以下の罰金に処されます。。。

                 

                詳しくは、ABE社労士事務所まで

                 

                お気軽にご相談下さい♪

                 

                障害年金申請サポートによる生活安定のお手伝いをします
                「北海道障害年金相談センター」
                 

                労務管理を通じて会社の発展・従業員満足の向上をお手伝いします
                「ABE社労士事務所」 

                助成金を活用して労務環境の向上をお手伝いします
                「さっぽろ助成金センター」

                 

                選択制401Kの導入で社会保険料・税金の節約をお手伝いします

                「選択制401K導入支援センター」


                人材紹介を通して優秀な人財・働きやすい会社との出会いを演出します
                「いい会社紹介」

                 

                効果的な求人広告で優秀な人材との出会いを創出!

                「いい求人.com」

                 

                 

                労務管理|-|trackbacks(0)|-|by 社会保険労務士法人ホームラン

                野球も会社もルールの周知が大事

                2016.08.22 Monday
                0

                  皆様こんにちは。

                   

                  先週末は野球好きの道民にとってとても熱い週末でした。
                  甲子園では10年ぶりに北海道勢が決勝進出。プロ野球では札幌ドームで首位攻防戦。
                   

                  甲子園は惜しくも準優勝でしたが、最後までやりきったと言うキャプテンの表情が印象的でした。
                  プロ野球も残念ながらファイターズの1勝2敗で順位はそのままでした。しかし、まだゲーム差は0.5。今週も両チームの動向が気になります。

                   

                  さて、ここで出てきた「ゲーム差」ですが、「勝数−敗数」の差を基に計算されていて、それぞれの順位の間にどれくらい差があるかを示す指標となっています。上位チームが負け、下位チームが勝つとゲーム差は1縮まります。

                  しかし、プロ野球における「ゲーム差」とは、あくまでも順位間の差を示すおおよその指標であり、実際の順位は勝率によって決まるルールになっています。

                   

                  通常であれば勝数が敗数よりも、より多いチームが上位になるのですが、引き分けの試合が影響し、ゲーム差上の1位と、勝率1位のチームが異なるチームになるという珍しい現象が先日起きました。

                   

                  もし試合がすべて終了した段階でこの現象が起きてしまい、勝率が上回った方が上位になるというルールが無かったらどうなるでしょうか。
                  「ゲーム差上の1位と勝率1位のチームが異なるなんてほぼ無いから細かく決めなくてもいいや」と思っていたらどうなるでしょうか。きっと両チームとも優勝だと譲らず、もめてしまいます。

                   

                  野球では順位の決定方法以外にも細かいルールが多数決められています。
                  選手もルールを理解し、その中で結果を残すために全力でプレーしています。

                   

                  野球を会社に置き換えた場合、このルールが就業規則に盛り込まれている事になります。
                  会社に合った就業規則があることで、労使間のトラブルやリスクの軽減が期待でき、
                  一定の秩序や明確なルールを作ることで、従業員にとって働きやすい職場作りにも繋がります。

                   

                  従業員も少なく、まだ就業規則は作成しなくていいかな〜と思っていたり、数年前に作成はしたが、しばらく見直していないな〜と思ったら、この機会に就業規則の作成・見直しをしてみては如何でしょうか?

                   

                   

                  サービス残業対策・労務管理相談なら
                  「ABE社労士事務所」 

                  助成金のことなら
                  「さっぽろ助成金センター」

                   

                  選択制401Kの導入支援は

                  「選択制401K導入支援センター」


                  障害年金のことなら
                  「北海道障害年金相談センター」

                  人材紹介のことなら
                  「いい会社紹介」

                   

                  効果的な求人掲載のことなら

                  「いい求人.com」

                   

                  労務管理|-|trackbacks(0)|-|by 社会保険労務士法人ホームラン

                  平成28年度 最低賃金 改定

                  2016.08.09 Tuesday
                  0

                    すっかり更新がご無沙汰になってしまいました。

                     

                    気が付けば、もう8月です。

                     

                    さて、毎年この季節になると気になるのが

                     

                    最低賃金の変動ですね・・・。

                     

                    新聞でも話題になっておりますが、

                     

                    今年の最低賃金の目安が厚生労働省から公表されました。

                     

                    発表によると、北海道は10月から22円アップの786円になる予定です。

                     

                    時給者だけではなく、月給者の時間単価も引っかかってきますので

                     

                    ご注意下さい。

                     

                    また、道外に支店など事業場がある場合には、

                     

                    勤務地の最低賃金が適用になります。

                     

                    ちなみに東京ですと、プラス25円で932円となる見込みです。

                     

                    労務管理にご不安を感じましたら、

                     

                    ぜひABE社労士事務所へご相談下さい。

                     

                    サービス残業対策・労務管理相談なら
                    「ABE社労士事務所」 

                    助成金のことなら
                    「さっぽろ助成金センター」

                    障害年金のことなら
                    「北海道障害年金相談センター」

                    人材紹介のことなら
                    「いい会社紹介」

                     

                     

                    労務管理|-|trackbacks(0)|-|by 社会保険労務士法人ホームラン

                    確かめよう労働条件

                    2016.02.25 Thursday
                    0
                      皆様。おはようございます。

                      今日、子供4号と手をつないで歩いたのですが。
                      「〜しょ、〜しょ」と言っている??
                      いつの間に、意味ある音を発するようになったんだ??
                      成長を感じてちょっとうれしくなりました。

                      でも、あっという間に、毒を吐くようになるんだろうな…

                      さてさて。

                      最近は手軽に情報収集ができてよいですね。
                      ひと昔前は法律なんて堅苦しくて・・・という
                      イメージがありましたが、
                      わかりやすく、具体的に教えてくれるHPが増えています。

                      厚生労働省の「確かめよう労働条件」というサイトがあるのですが、
                      法令や、制度の紹介、裁判例等も記載されています。

                      特に読みやすいのは、
                      労働条件に関するQ&Aです。

                      「ブラック企業」ってどんな会社なの?」
                      「ブラック企業」と言われないためにはどうすればいいの?」なんて
                      流行りの質問もありましたが、
                      雇用契約や労働時間に関する回答もありましたよ。

                      会社ルールとして当たり前だった事柄が、
                      もしかしたら法令違反となっているかもしれません。

                      さらっと質問事項を確認されてみるのも
                      いいかもしれません。

                      サービス残業対策・労務管理相談なら
                      「ABE社労士事務所」 

                      助成金のことなら
                      「さっぽろ助成金センター」

                      障害年金のことなら
                      「北海道障害年金相談センター」

                      人材紹介のことなら
                      「いい会社紹介」





                       
                      労務管理|-|trackbacks(0)|-|by 社会保険労務士法人ホームラン
                       

                      プロフィール サイト内検索
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      新しい記事 アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
                      qrcode
                      Others ムームードメイン
                          

                      ページの先頭へ