労災認定基準

2016.02.01 Monday

0
    皆様。おはようございます。
    2月に入りましたね・・・。

    年末から私的なことが多々立て込んでおり、
    緊張状態が継続していた私でありますが、
    ようやくすべての(ややできすぎの)結果が出そろい、
    ようやく落ち着いたところです。

    そろそろ、今年の目標でも立てようかな・・・と
    感じ始めた今日この頃です。

    さてさて。

    労災のお手続きについてご連絡です。

    精神障害を発病した場合の労災認定は、
    審査に時間がかかり、
    必要な補償をすぐに受けることができないのが難点でした。

    その対応策として、
    厚生労働省から、
    労災認定基準が発表されています。

    今回、新たに、

    セクシャルハラスメントが原因での
    精神障害を発病した場合に労災認定基準
    が追加されましたので、
    お知らせいたします。

    これらの認定基準は、
    労災の認定基準ではありますが、
    会社の責任基準でもあります。

    対応を怠ったため、精神障害を発病した場合も、
    心理的負荷が「強」となると記載されています。

    問題が起こった時の
    会社の対応を制度化し、適正に運用する必要がありますね。

    サービス残業対策・労務管理相談なら
    「ABE社労士事務所」 

    助成金のことなら
    「さっぽろ助成金センター」

    障害年金のことなら
    「北海道障害年金相談センター」

    人材紹介のことなら
    「いい会社紹介」






     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL