働き方の未来

2016.03.01 Tuesday

0
    皆様。
    おはようございます。

    暴風雪…とは、まさにこのことですね。
    外出される際は、お気をつけください。

    さてさて。

    「働き方の未来3035:一人ひとりが輝くために」
    第2回会合が行われました。

    なんじゃ、そりゃ。

    そうですね。
    私も、なんじゃ、そりゃ。だったのですが。

    資料を読んでみると、
    「人工知能やロボット等による代替可能性が高い(低い)100種の職業」
    紹介されておりました(28p)。

    私の中では、
    事務員は一生仕事に困らないと思っていたのですが、
    早速代替可能性が高いと記載されておりました。

    しかも、その期間が、
    10年~20年だそうで・・・。
    案外近い未来で、危機を感じました。

    社会保険労務士は…高い職業にも、
    低い職業にも紹介されておりませんでした。

    どっちでもないのか、
    知名度が低いのか…。
    未知数の可能性を秘めている!!…という解釈でいいでしょうか…

    うちの旦那様の夢は、
    コンビニの店員ですが・・・なくなっていく仕事かもしれません。

    そして、アロマセラピストや教員など、
    人々の成長に関与する仕事、人々に娯楽を提供する仕事が、
    残っていくのかな…という印象を受けました。

    私の子供の世代は、
    職業選択において、より創造性が求められそうです…

    こうしてみると、
    私は、すっかり落ち着いて仕事をしていますが。
    時代の流れが急速で、求められる仕事が急速に変化する可能性があります。

    そして、そこに、対応していくためには、
    個人個人が、現状に落ち着くことなく、
    常に成長していくこと、
    柔軟に対応していくスキルが求められることになるな…。
    と感じました。

    なんじゃ、そりゃ。で素通りするのではなく、
    興味をもって接してみると、
    思いがけない記事に遭遇することもあるのですね。

    サービス残業対策・労務管理相談なら
    「ABE社労士事務所」 

    助成金のことなら
    「さっぽろ助成金センター」

    障害年金のことなら
    「北海道障害年金相談センター」

    人材紹介のことなら
    「いい会社紹介」







     
    関連する記事
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL