改正高年齢者雇用安定法施行に伴う離職票について

2013.04.22 Monday

0
    みなさま、こんにちは。
    札幌は気持ちのいいお天気となりましたね。

    今年のGWには実家に帰らず、
    初めて札幌で過ごすことになったので、
    今から、どのように過ごすかうきうきな今日この頃です。

    さて、今年の4月1日より、
    改正高年齢者雇用安定法が施行され、
    みなさまは準備に追われたことかと思います。

    …蠻年齢を65歳以上に引き上げる。
      (若しくは定年を定めない。)
    希望者全員を65歳まで継続雇用する。
      (解雇に事由に該当する場合を除く)。

    以上のどちらかの対策をとられているかと思いますが、
    △梁从をとられている場合、
    65歳未満で離職した労働者に交付する離職票は、
    施行前とは記入方法が異なります。

    65歳まで継続雇用が義務付けられましたので、
    65歳未満で離職するとなると、
    〆童柩僂魎望しなかった。
    解雇の事由に該当した(本人に責がある場合。)
    事業主の都合で再雇用できなかった。
    以上3点の離職理由が考えられます。

    失業給付を受ける際は、
    離職理由が受給条件を大きく左右するので、
    ハローワークとしても、「60歳定年により退職」では、
    自己都合退職なのか、
    事業主都合なのか、判断できなくなりました。

    離職票の様式も新様式が発行されますが、
    札幌のハローワークでは、まだ入手できませんでした。
    旧様式でも、離職理由を記載しなければなりませんので、
    お手続きの際は、充分ご注意ください。






    サービス残業対策・労務管理相談なら「ABE社労士事務所」
    http://sr.akari4.com/

    助成金のことなら「さっぽろ助成金センター」


    障害年金のことなら「北海道障害年金相談センター」へ

    新年度の保険料について

    2013.03.25 Monday

    0
      おはようございます。
      今日は子供の終業式・・・
      帰って通知表を見るのが楽しみです。

      だけど、今日から給食が無いと思うと、残念・・・

      あとちょっとで、今年度も終了してしまうのですね。

      毎年この時期は、
      健康保険料率の変更があり、
      給与計算で気を付けないとダメだったのですが。

      今回は、健康保険料率の変更も、
      雇用保険料率の変更もなく、
      給与計算時にどよどよしなくて済みますね。

      ただ一つ、
      4月2日現在、64歳の方は、
      新年度より、雇用保険料が免除になりますので、
      (季節労働者等を除く)
      従業員の方々の年齢チェックをお願いします。

      ちなみに、
      雇用保険被保険者資格取得当時、
      。僑戯侈にだった人→1年経過後→一般被保険者となります。
       特に手続きはありません。
       (4月2日時点で64歳の方は、1年経過後の雇用保険料は免除となります。)
      ■僑戯舒幣紊世辰真輸1年経過後→資格喪失となります。

      ちょっと、ややこしいですね・・

      もうすぐ労働保険の年度更新の封筒が
      (昨年は威圧感たっぷりの緑若しくはオレンジの封筒でした。)
      届きます。

      その時になって、
      「あ、この人、保険料免除だったわ」
      なんてことにならないようにしましょうね。

      さぁ、従業員の方の年齢チェック、いつする?
      今でしょ。 (笑)
      (↑↑ これ、子供の教育にいいですよね、我が家では
          抜群の効果を発揮しています。)


      サービス残業対策・労務管理相談なら「ABE社労士事務所」
      http://sr.akari4.com/

      助成金のことなら「さっぽろ助成金センター」


      障害年金のことなら「北海道障害年金相談センター」へ


      失業給付の取扱いが変更となります

      2013.01.31 Thursday

      0

        皆様、こんにちは。
        週末は雨→雪(ななめ)と恐ろしい予報が出ていましたね・・
        雪かきにうんざりで、
        毎日の天気の行方が気になってしょうがない
        今日この頃です。

        さて、雇用保険の失業給付の取扱が変更となりますので、
        お知らせいたします。
        (該当者はあまりいらっしゃらないかもしれませんが。)

        今まで、
        公認会計士、税理士、社労士!!などの資格をお持ちで、
        開業という形ではなく、勤務という形で登録されていた方は、
        退職しても個人事業主と判断され、
        失業と認定されておりませんでした。

        平成25年2月1日の受給資格者の決定からは、
        名簿や登録簿などに登録している場合であっても、
        開業や勤務の実績がないことが確認でき、
        要件を満たしていれば、
        雇用保険失業給付の受給資格を受けることが
        できるようになりました。

        詳しくはコチラ ↓↓

         http://k.d.combzmail.jp/t/69ah/c0xf19t0il3y3grl8tEjw


        私も勤務社労士として登録しておりますが、
        従業員ですので、雇用保険は加入しています。

        制度改正により、
        雇用保険料のかけ損にならなくて済みそうです。

        まぁ、失業給付に限ってのことですので、
        退職しなければ関係ないのですが・・・。


        助成金のことなら「さっぽろ助成金センター」

        障害年金のことなら「北海道障害年金相談センター」へ

        サービス業で労災増加ー厚労省調査

        2013.01.10 Thursday

        0

          皆様、こんにちは。
          寒い日が続きますね・・・
          寒さにめっきり弱い五十嵐です。

          さて、厚生労働省より、労災について発表されました。

          厚生労働省の調査によれば、2012年11月までの11か月間に
          労災で死亡したり、4日以上の休業をした人数は
          全国でおよそ8万人で、前年に比べて約4400人増加しました。

          産業別では、小売業や卸売業、それに医療や福祉などのサービス業が
          3万4300人余りで42%を占め最多で、
          次いで製造業が1万7100人余りで21%、
          建設業が1万5900人余りで19%等となっています。

          建設業や製造業では、労災対策が進んだ結果、
          この10年間で約3割減少した一方で、
          サービス業では就業者数の増加等により
          16%増えています。

          厚生労働省はサービス行での労災を防止する取り組みを
          進めてています。

          厚生労働省HP:安全衛生関係統計等一覧

          http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei11/


          小売業や飲食店では、
          年末年始の繁忙期が落ち着いた頃だと思います。
          実は、気持ちに安心が出来た時に
          労災が起こりやすくなっています。

          今一度、業務の安全対策について
          従業員皆様で確認ができるといいですね。

          助成金のことなら「さっぽろ助成金センター」

          障害年金のことなら「北海道障害年金相談センター」へ

          年度更新の時期となりました・・・

          2012.06.13 Wednesday

          0
            ご無沙汰しております。
            五十嵐です。

            労働保険、年度更新の時期となりました・・

            申告・納付期日は7月10日となっておりますが、
            皆様お手続きはお済でしょうか。

            毎月納付の社会保険と違って、
            労働保険は年1回の申告、納付となります。

            今回のお手続きは、
            平成23年4月〜平成24年3月までの保険料を確定し、
            すでに収めている保険料と相殺します。

            そして、平成24年4月〜平成25年3月までの保険料を
            概算で前払いするという・・・

            そんな感じです(ざっくり)。

            社会保険は、会社と従業員折半ですが、
            労働保険は、会社負担の割合が大きいですね。

            前払いした従業員の労働保険料は、
            従業員からは毎月の給与で控除していきます。

            私の机にも申告書類が山積み・・・
            緑(もしくは青)の封筒って、威圧感がありますよね。
            取り急ぎ、開封して、捨てたいと思います(笑)

            当事務所では年度更新のお手付き代行をさせていただいております。

            手続き方法がよくわからない、時間がない、めんどくさい等々、
            代行をご希望の方はお早めにご連絡ください。

            納付は・・・代行できませんよ。


            助成金のことなら「さっぽろ助成金センター」

            障害年金のことなら「北海道障害年金相談センター」へ